あくまで言葉の内。

感情が無ければどんなに幸せだっただろうか

 

というふと頭に浮かんだとんだパラドックス

 

(私の本心とかではない)